二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅を建てるため、親・嫁・姉弟の間を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

間に合うのか。。。家の解体に必要な準備!!

f:id:kmkm-st:20200926221746p:plain

 

こんにちは(^^)

 

続いては、私の実家の解体準備について書いていきます\( 'ω')/

 

 

基本的には私の世帯の直接の動きはありませんが、親世帯のお手伝いをしています。

 

親世帯も仮住まいへの引っ越しや荷物整理、インフラ関係の手続き等大変そう。。。

 

父親がちょうど定年退職で平日も動けるようになったため、なんとか作業が進んでいますが、働きながらだと2~3ヶ月ぐらいは準備期間が必要かと思います(´・ω・`)

 

面倒ではあるけれど、大体は契約元に電話連絡すれば大丈夫な感じですね。

 

それでは、解体準備作業をつらつら書いてみます~(^^) 

 

 

 

 

 

1.電気

 

電柱から建物に引き込んでいる電線と、その電線のメーターの撤去

→電力会社(東京電力等)に連絡です。

 

 

2.固定電話

 

電柱から建物に引き込んでいる電話線の撤去

→電話会社(NTT等)に連絡です。

 

 

3.ケーブルテレビ

 

ケーブルテレビの引き込み配線の撤去

→ケーブルテレビ会社(ジェイコム等)に連絡です。

 

 

4.ガス

 

都市ガスはガス管の撤去、プロパンガスはガスボンベの撤去

→ガス会社(東京ガス等)に連絡です。

 

 

5.引っ越し

 

両親の仮住まいへの引っ越し

→引っ越し会社へ3社程度の相見積もりがオススメです。

繁忙期のため、市内数キロの引っ越しなのに税込み15万円程になりました。。。

 

 

6.不用品の整理

 

私や姉が置いていった不用品や、荷物整理で出てきたものの処理

→これを機に断捨離!

 

両親がメルカリやヤフオクを使いこなせるとよいのですが、私もそこまで手をかけられず、キンブルやブックオフに足繁く通ってもらっています(´ω`)

 

ただ捨てるだけでもお金がかかったりしますので、「最低でも0円」を合言葉に両親共頑張ってくれていますw

 

どうしても売れない物で、一般ごみでは処理できない物についてはごみ処理施設に持ち込むと安く処理できます。(うちの場合は10kgで200円)

 

居住地によって、持ち込めるごみ処理施設が異なりますので、市区町村の環境課等のホームページから確認が必要になります。

 

 

 

 

1~4.は基本的には無料で、解体工事の着工1週間前までには撤去を完了しておきましょう!

 

 

↑↑こんなことをしていると2ヵ月ぐらいがあっという間に過ぎてしまいます。。。

計画中の方は早めの行動を推奨します(‘ω’)ノ

 

 

ではでは。