二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅の自宅を建てるため、親・嫁・姉弟を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

必見!!ハウスメーカーの営業の注意点!

ハウスメーカーと言ってもたくさんあります。

 

みなさん自分が決めたところが一番だと思いますよね('ω')ノ

 

今回は、ハウスメーカー営業さんに対する注意点を私なりに書いてみようと思います。

 

ちょっとネガティブな内容になってしまいますが(´・ω・`)

 

 

まず、私の自宅の設計方針ですが、基本的には入り口は極力広げるようにします。

 

せっかくの持ち家なので、視野を広げて充実させたいですよね(^^)

(最初からローコストを目指していてはもったいないです!!)

 

ただし、誰しも予算が潤沢にあるわけではありません(特に私は!!)ので、最後には収束させる冷静さが大事です。

 

 

それでは、営業さんのセールストークの代表的なキーワードを書き出してみます。

 

↓↓↓↓↓

 

・耐震等級3

 

無垢フローリングを標準採用

 

太陽光発電(からのZEH)

 

・高気密高断熱

 

・全館空調

 

・床暖房

 

・長期保証

 

(詳細については、私のやる気か要望があれば書いてみます。)

 

このようなポイントは大体どこに言っても話されるポイントです。

 

少なくとも私はうんざりするほど聞きました。。。

 

他にも各社固有のテクノロジーがありますので、営業さんのファーストコンタクトは嵐のようでした。

 

間違いないのは、全部取り入れたら当然快適、ということ(*´Д`)

 

 

しかし、最初に述べたように、全て採用したら一般家庭では予算オーバー確実でしょう(T_T)/~~~

 

「言われなくても、ちゃんと自分の予算内で考えます。」と誰しも思うでしょう。

 

そこが穴なのです。

 

その予算はいつの予算でしょうか?

 

外構費用は含んでいるでしょうか?

 

諸経費もかなり金額になります。

 

家具家電の買い替えは?

 

将来の車の買い替えは?

 

教育費は?

 

お子さんが成人、結婚したときのお祝い費用は?

  

まだまだたくさんありますが、これらを考えていくと1000万くらいは数年で消えていきます。。。

 

 

太陽光を含め、機械的な技術(アクティブ技術)は利便性と引き換えに、メンテナンスコストを飛躍的に持ち上げます

 

メンテナンス費用は確認される方もいるかと思いますが、必ず提示された額の1.5倍程度は考慮すること。

(交換ともなると住みながらの作業はかなりの負担になりますし、別の工事に波及します。)

 

また、メンテナンスサイクルも10年だとしたら8年といった具合に短く見ておきましょう。

(実際の環境で長年の連続稼働実績が基本的には無いため。)

 

 

などなど、こわいことを羅列しましたが、高い買い物なので冷静さを常に持ちましょう!

 

そして、ランニングコストは10年後はもちろん、30年、40年後の自分をリアルに想像することが大事です(・ω・)ノ

 

セールストークの鵜呑みや、考えたつもりが考えたらずとならないように注意しましょう。

 

 

なお、本日私の実家は親の仮住まいへの引っ越しが完了しました。

 

 

ではでは。