二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅の自宅を建てるため、親・嫁・姉弟を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

要注意!騙されない坪単価の考え方!!

緊急事態宣言が出そうですね。。。

 

正直、日本全体への強めのアラートにはなるかと思いますが、コロナに対する即効性は薄いのでしょうね。

 

しかし、経済的には即影響する感じなのでしょうか。。。

 

買い占めや疎開やらはモラルを持って冷静な行動を心掛けましょう(´・ω・`)

 

 

さてさて、おうちの話に入ります(^^)

 

先日、ついに契約となりました!!

 

過去記事のどこかに書きましたが、全体スケジュールもほぼ予定通りです。

 

住宅ローン控除13年を受けたいがために年内入居を目標としていましたが、新型コロナウイルスの影響により、1年延長!!

 

まぁ年末年始挟むと大変そうだし、早く終わるのはいいことだと思いますけど_(:3」z)_

 

 

またまた話しが逸れてしまった。。。

 

タイトルの件、坪単価の認識坪単価マジックについて書いてみようと思います。

 

まず、坪単価の認識について、みなさんは坪単価をどのように考えているでしょうか。

 

私はこのように考えていました。

 

「どうせ工務店なら60〜70万/坪、ハウスメーカーなら80万/坪〜ぐらいっしょ( ´_ゝ`)」

 

大体こんな感じに思う人が多いのではないでしょうか??

 

これは半分は当たりじゃないかな〜と思います。

 

残りの半分のハズレというのが、私も認識違いだったところです(^-^;

 

 

実は、結果として↑↑に書いた坪単価辺りには落ち着いていくとは思います。

 

ですが、坪単価は先行するものではありませんでした。

 

 

私の場合、仕様決めの際、ざっとお金を弾いてもらいながら進めていきました。

 

ワガママを入れては、我に帰るを繰り返します。

 

今思えば、潜在的に私の予算ギリギリで納まるように自分でコントロールしていたように思いますが、、、

(最初は大きな夢を描いていました・・・(´ω`))

 

要するに、なんやかんやで相応な仕様で納めた結果が、目安の坪単価になるのです!

 

後で振り返って、文章に起こしてみると当然なのですが、プランニング中は何しても60〜70万/坪で納まるつもりでいるからこわいですね(^_^;)

 

 

次に坪単価マジックについて、大した内容ではないですが書いてみます( ̄▽ ̄)

 

坪単価って、、、どこまで含まれるのでしょうか??

 

通常は建築工事一式を延床面積で割ったものになります。

 

建築工事一式とは、Google先生で一発です。。。

(住宅だと基礎、駆体、外壁、内装、屋根とそれに関わる仮設工事と思ってください。)

 

調査費用、確認申請費用、登記費用、電気設備費用等は含みません。

 

この中で電気設備費用(特に風呂、トイレ、キッチン)がマジックの大きな原因(´-ω-`)

 

ハウスメーカーから坪単価先行で大体の金額を提示されることがあります。

 

(私は即行で上記の含まない項目を確認しました!)

 

 

提示金額で話を進める。

 

↓↓↓↓↓

 

後で風呂、トイレ、キッチンが含まれていないことに気付く。

 

↓↓↓↓↓

 

営業さんとノリが合うからなんか止めにくい。

 

↓↓↓↓↓

 

共働きすればなんとかなるからいっかー٩(^‿^)۶ 

 

ということには気をつけましょうね!

(ちなみに風呂、トイレ、キッチンで大体200〜300万くらいです。)

 

 

まとめです。

・坪単価は結果的なものです!!

・坪単価マジックが無いように確認の徹底です!!!

 

 

これから内装、外装、照明、電気配線の仕様決めで忙しくなっていきそうです(´ー`)

 

 

ではでは。