二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅を建てるため、親・嫁・姉弟の間を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

外壁で後悔しない!金属系サイディングと窯業系サイディング、ときどきALC。

f:id:kmkm-st:20200916133546p:plain

 

先回はフローリングについて、私の選定ポイントを書いていきました。

 

www.kmkm-st.info

 

今回は外壁選びです(・ω・)ノ

 

外壁を選んだときの私の視点をまとめていきますので、参考にしていただければと思います(^^)

 

 

まず、私が候補に考えたのは金属系サイディング(ここではガルバリウム鋼板)、窯業系サイディングALCです。

 

これらは乾式工法の外壁であり、世間的に主流な工法です('ω')ノ

 

反対に湿式工法(塗り壁、湿式タイル等)は相当凝った注文住宅しか採用されていないと思います(^^;

 

(乾式は製品としてある外壁を貼るだけ、湿式は漆喰を塗ったり、モルタルの上からタイルを貼ったり、取り付けてから乾いて完成するものになります。)

 

乾式より高くて、手間が掛かるので施主からも施工からも敬遠されがちですね。。。

 

ちなみに、私は金属系サイディングを採用しました(/・ω・)/

 

 

その判断材料は以下になります↓↓↓

 

 

 

 

 

1.金属系サイディング

主にアルミと亜鉛の合金メッキを施した鉄板を指します。

たまに混同されるのがトタンです。

こちらは亜鉛のみでメッキされているのですが、ノーメンテナンスで朽ち果てているものをちょいちょい見掛けます。。。

 

メリット

・スタイリッシュでデザイン性が高い(個人の感想です)

・コストが安い

・軽いため、建物の負担が小さい

 

 

デメリット

・単調になりがちで、建物形状、塗装色によっては工場みたいになる

・大雨の際に雨の打ちつける音が大きい

・衝撃に弱い(1mmも無い鉄板です。すぐへこみます。。。)

・凹凸(リブ)が細かいものはコストが高くなる(でもその方がカッコイイ)

 

 

 

2.窯業(ようぎょう)系サイディング

繊維を混ぜたセメントを窯で高温高圧成型したものになります。

戸建ての7割ぐらいはこちらが採用されているのではないでしょうか。

 

メリット

・デザインのパターンが豊富

・コストが安い

・遮音性能が高い

 

 

デメリット

・標準レベルだと安っぽい

・目地割りを気にしないと変な目地ラインが気になる(完全に私の主観)

・防水がシーリング頼み

・金属系に比べると重くて、建物に負担が掛かる

 

 

 

3.ALC(エーエルシー)

軽量気泡コンクリートの略称で、その名の通りコンクリートに気泡を混ぜて軽量化したもの。

へーベルハウスに関わらなければ、基本的には一生耳にしないのではないかと思います。

 

メリット

・遮音、耐久、耐火において乾式外壁では最高性能

・デザイン性の高い表面模様も選べる

・高級感(=重厚感)がある

 

 

デメリット

・高級感?実際高いから

・重厚感?実際重いから

・デザインが賃貸アパートみたいになる(個人の感想です)

・窯業系と同じく防水がシーリング頼みで塗装も重要

・塗装が劣化してALCが吸水すると、性能ガタ落ち

・角が欠けやすい

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

私は職業的に耐震性能が気になってしまうため、軽量な金属系サイディングが最初から強かったです(^^;

 

どうもトタンが金属系外壁の印象を悪くしてしまっているような、、、

 

また、新居は3階建てで通常の建物よりは縦長のため、デザイン的にも縦貼りのガルバが映えるかな~なんて(´・ω・`)

 

 

ALCはトータル的にはすごいです!!

 

性能が頭一つ出ていますからね('ω')ノ

 

ただ、デメリットが私には許容出来ませんでした。。。

 

 

窯業系サイディングは建売感が出そうなのがイヤで、最初に脱落しましたね(^^;

 

 

しかし、どの外壁にしてもメンテナンスは必要です!!

 

メンテナンスをするしないは別として、10年に一度くらいは劣化調査をしていきましょう。

 

 

以上、偏見交じりの評価ですが、一人の意見として参考にしてみてください('ω')ノ

 

 

ではでは。