二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅の自宅を建てるため、親・嫁・姉弟を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

写真で解説!!地盤調査してみた。

こんにちは\( 'ω')/

 

新型コロナの収束に向かって光明が見えてきてはいますが、まだまだ油断できない状況ですね(^^;

 

 

さて、新築計画の経過ですが、ゴールデンウィーク前に実家の解体が終わりました。

 

建売住宅の実家の悲惨な中身はこちらです(´-ω-`)↓↓↓

www.kmkm-st.info

 

 

次はタイトルの通り、地盤調査に入りました(^^)

 

調査方法は信頼度が高い「標準貫入試験」を実施しました。

 

今回は調査の様子を解説しながら書いていきます(*・ω・)ノ

 

地盤は家を建てる上で最重要ファクターだと思っています。

 

極端にいうと軟弱地盤は水と同じです。

 

緩い土の上に浮いているだけの家なんて流石に不安ですよね( ̄▽ ̄;)

 

地盤と地盤調査ついての記事はこちらです↓↓↓

www.kmkm-st.info

www.kmkm-st.info

www.kmkm-st.info

 

 

それでは、調査の様子を見ていきます。

 

f:id:kmkm-st:20200514090608j:plain

 


なんと!現地に着いたら既に準備されている。。。

 

出遅れた、、、幸先の悪いスタート。。。 

 

本当は、機械設置の前に調査位置の地盤高さの測定等の測量もするのです。。。

 

元々休暇が取れない予定でしたので、勝手に調査してよいですよと伝えていたのは私ですが、、、( ̄▽ ̄;)

 

f:id:kmkm-st:20200514091431j:plain

 


調査前に調査してほしい箇所に目印を置いておきました。

 

敷地も広くないのであまり影響はありませんが、3階建ての部分で上下階のキッチンが重なる場所を指定しました。

 

なるべく一番重くなるであろう場所です(*・ω・)ノ

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090622j:plain

 

 

調査自体は割りと簡単です。

 

63.5kgのおもりをロープで吊るして、75cm上げたところから落とします。

 

その力で鉄の筒(サンプラーと言います。)を地盤に突き刺して、掘り進めます。

 

試験中は常にエンジン音と、おもりとサンプラーが当たる金属音が「カチャーン!」と鳴りますので、音が問題になる場合は防音対策が必要です(^^;

 

試験は、サンプラーを30cm掘り進める。→サンプラーを抜く。→機械(ボーリングマシン)で70cm掘る。を繰り返して1m毎の調査をループします。

 

30cm掘り進めたときの、おもりを落とした回数をN値と言い、これが地盤の固さの指標です。

(1回で10cm掘れれば、3回で30cmですのでN値=3になります。)

 

どの建物を建てるときでも、このN値を使用します。

 

なかなか液状化についてまとめていませんが、N値=15以下で粗い砂が多い液状化の危険があるとされます。

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090617j:plain

 

 

サンプラーを引き上げるとこんな感じです(・ω・)ノ

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090628j:plain

 

 

サンプラーをパカっと割るとこんな感じです(・ω・)ノ

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090633j:plain

 

 

このように、先端に調査した深さの地盤の土がついてきます。

 

このサンプルを使って液状化の判定試験を行なったりします。

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090643j:plain

 

 

これらを10m分繰り返し、採取した土のサンプルがこちらです(^^)

 

こちらは納品時に地盤調査報告書と合わせていただきます。

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090648j:plain

 

 

調査が終わるとボーリングマシンは自分でおうちに帰ります。

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090653j:plain



調査位置にはこのように深さ10mの穴が開きました。

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090659j:plain

 

 

もちろん埋めていただきます(^^)

 

 

f:id:kmkm-st:20200514090638j:plain

 

 

こちらが試験結果のメモです。

 

赤字で補足しておきましたが、住宅であればN値=20あれば十分です。

スウェーデン式サウンディング試験の換算N値ではありません。)

 

4m部分でN値=12とやや下がっているのですが、地盤としては粘土質(=液状化の危険が低い)で実際に緩いのは20cm分であり、30cmに掛かる頃には硬くなっているため、局所的な緩みになります。

 

よって、問題無いと判断します(^^)

 

むしろ全般的にN値=30を超え、最大値である60にも到達するなんてかなり恵まれた地盤だと思います( ̄▽ ̄;)

 

 

 

地盤の固さはもちろん、愛知は大地震を予想されていますので液状化も心配でしたが、これなら安心です( ̄▽ ̄)

 

下は盤石!!あとは建物をしっかり設計するのみ٩( 'ω' )و

 

 

ではでは。