二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅の自宅を建てるため、親・嫁・姉弟を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

水道管の必要なサイズ(口径)とは??

今回は水道管の話です。

 

水道管というと、「水道管が破裂した。」、「水道管が凍結した。」と言ったトラブルで耳にしますね(^◇^;)

 

水道管について考えることなんて、一戸建てを建てる人か、関連業者さんくらいしか無いんじゃないでしょうかw

 

しかし、話題が浮上すると決して無視出来ない金額が絡んでくるので、なんとなくでも知っておくとよいですよ(‘ω’)ノ

 

 

 

 

なぜ水道管について考えるのか。

 

私の家の計画は、私の実家を解体し、その土地に二世帯住宅を建て直す計画です(*・ω・)ノ

 

水道管は元々の実家で使用していたものが埋まっています。

 

出来ればそれを使いたい!!

 

そこで、その水道管が使えるかどうか、考える必要があるのです。

 

 

 

考えるって、具体的には?

 

二世帯住宅で使えるか使えないかは水道管のサイズ(口径)によって、判断されます。

 

目安としては、

 

単世帯:口径13mm(蛇口が6個所程度)

二世帯:口径20mm(蛇口が12個所程度)

二世帯(水栓多め):口径25mm(蛇口が20個所程度)

 

になります。

 

面積で比べると、

 

口径13mmの断面積:(13/2)2×3.14=132.7mm2

口径20mmの断面積:(20/2)2×3.14=314.0mm2(13mmの2.37倍)

口径25mmの断面積:(25/2)2×3.14=490.6mm2(13mmの3.70倍)

 

になります。

 

大は小を兼ねるということで、25mmにすれば確実なのですが、20mmでも単世帯の2.37倍ありますので、そのまま流用出来ると判断しました\( 'ω')/

 

 

 

メリットとデメリットは?

 

↑↑↑にも書きましたが、使用上の不安がある方は、大は小を兼ねるという考え方も当然あります。

 

ですが、以下の点がポイントになります。

 

 

〇メリット

・25mmにすれば同時に使用しても水圧不足の心配無し!

・蛇口の数も気にせず増やせちゃう!

 

〇デメリット

・基本料金が高くなる。。。

・取り換え工事費用が高い。。。(数十万~百万円程)

 

なんでもお金を掛ければ大概良くなりますけど、私の家には不要な出費かなと思いました(´・ω・)

 

細かい話をすると、水道管がカーポートの基礎の近くを通っているのであまり掘り起こしたくない、と言った理由もありますけど(^^;

 

 

 

いかがでしょうか。

 

私の家が二世帯の計画ですので二世帯寄りの内容ですが、単世帯の方にも当てはまりますよ(・ω・)ノ

 

単世帯で、蛇口の数が特別多くないようでしたら口径は13mmでよいかと思います。

 

しかしながら、業者側からは20mmを勧められます。

 

業者側からしたら大きい方で入れてもらう方が儲かるし、トラブルの可能性が減るからからです。

 

コワい脅し文句を言われれば、普通の人は大きい方にしてしまうと思います。。。

(将来的に不安が、、、13mmでは余裕が無いので、、、とか)

 

設計者が信頼出来る人であれば、設計者の意見を聞くのもよいですよ(/・ω・)/

 

しかし、まずは自分の家の使い方を自分でしっかり想像して、冷静に判断していきましょう(^^)

 

 

ではでは。