二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅を建てるため、親・嫁・姉弟の間を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

※写真有り 地鎮祭の準備と当日の流れ。必要なものはこれだ!!

だいぶ暑くなってきましたね(^◇^;)

 

幸いにも天気に恵まれて(恵まれ過ぎた)、大安吉日に地鎮祭を行うことが出来ました\( 'ω')/

 

私の仕事でも地鎮祭に出る事はあります。

 

しかし、お客さんは企業なので基本的にはお偉いさん同士の行事でした。

 

いつも参加者の最後尾で、人数集めで呼ばれるのみ(^^;

 

前置きが長くなりましたが、何が言いたいかというと、

 

いざ自分で準備しようとしたら、何が要るのか分かりませんでした〜と言うお話です( ̄▽ ̄;)

  

今回は地鎮祭で必要なものと、地鎮祭の様子を紹介していきます!!

 

 

 

 

 

工務店からいただいた準備リストがこちらです(/・ω・)/

(地域や施工業者によって多少違うみたいですけどね(-_-))

 

 〇地鎮祭で必要なもの

・海の物→昆布、スルメ(二枚)

・山の物→旬野菜、果物

・洗米→一握り(盛り塩くらいかな?)

・塩→洗米と一緒くらい

・水→500mlのペットボトル

・神主さんへの寸志(初穂料)→2万円

 

これを元に、用意したものがこちら↓↓↓

  

地鎮祭 用意 準備 野菜 寸志

 

 

塩だけ写真に乗せ忘れたので、文字で追加しています(^^;

 

この中の玉ねぎスルメについては、後ほどコメント致します。。。

 

それでは、これらを携えて地鎮祭に乗り込みます!!

 

地鎮祭 神主 宮司


 

当日は開始は10時からで、15分前くらいに向かうように聞いていました。

 

既に工務店と神主さんで準備済み( ̄▽ ̄;)

 

お供物もご指示の通り、お皿に乗せました!

 

本当に言われるがまま!w

 

ここで、玉ねぎ問題です。

 

新玉ねぎということで旬かなぁと思ったのですが、玉ねぎ、ニンニク、ニラ等のニオイが強いものは神様に差し出すものではないようです(;´д`)

 

よって、他の野菜達で盛り盛りにしておきました( ̄▽ ̄;)

 

地鎮祭 イカ 2杯 夫婦


 

次にスルメです。

 

こちらは夫婦を示すようで、次のようにして皿に置きます。

 

・夫は足を全て開き、二本の長い足を体の前で結ぶ。

・妻は足を全て閉じ、二本の長い足を体の後ろに結ぶ。

 

これで夫婦円満を祈祷するようです(^^)

 

地鎮祭 準備 流れ

 

 

次の仕事は、玉串奉奠(たまぐしほうてん)で神主さんから渡される榊を教えてもらいながら皿に置いて、二礼二拍手一礼をします。

 

これも指示いただきながらやるので、戸惑うことはありません。

  

地鎮祭 酒 撒く

 

  

次は家の四隅に御神酒を蒔きます。

 

神主さんが紙を撒いた後に、角に対して左、右と二回撒くようです。

 

地鎮祭 酒 撒く 清め

 

 

最低四隅を撒くのですが、他に清めたいところにも撒いていいとのことでした。

 

トイレとか玄関部分にいっぱい撒いておきましたよ(´ー`)

 

御神酒は基礎のコンクリートが出来た後、上棟式の時かな?また撒くので、全部は使い切らないようにしましょう(*・ω・)ノ

 

 

 

 

 

これで施主側のお仕事は終わりです。

 

仕事ではいつも鍬入れの儀とかいうのもやるのですが、住宅ではあまりやらないそうです。

(これも地域性があるかもしれません。)

 

 

終わって思ったのが、季節が比較的中間期でよかった〜」です(^^;

 

所要時間は1時間弱かな?真夏や真冬ではちょっと辛いと思います。。。

 

前日にバタバタするのも大変ですので、2、3日前には準備しておくとよいですよ(^^)

 

 

ではでは。