二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅の自宅を建てるため、親・嫁・姉弟を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

忘れてはいけない。。。建物滅失登記をやってみよう!!

 

 

 

すっかり暑くなってきましたね( ̄▽ ̄;)

 

これから梅雨にも突入して、夏用マスクが必須になりそうな予感。

 

冷やしマスクとかたまに耳にしますけど、そんなの出るのかな?

 

 

 

今回は、滅失登記(めっしつとうき)について書いていきます(*・ω・)ノ

 

不動産取得(土地や建物を取得)すると、法務局に「〇〇に土地買いました!」、「私の建物が〇〇に建ちました!」という申請をしないといけません。

 

建物を壊した時も同様に法務局への申請が必要で、それが今回の滅失登記になります。

 

 

 

滅失登記を申請しないとどうなるの??

 

建物解体後に滅失登記を申請しないと、

 

・建物の固定資産税がずっと掛かってしまう。。。

・新たに建て直す申請が出来ない。。。

・土地が売れない。。。

・そもそも滅失登記は法的義務なので、申請しないことは違法行為。。。

 

と、悪いことだらけです(・_・;

 

解体後は、速やかに行いましょう!!

(期限は解体完了後、1ヶ月以内です。)

 

 

 

具体的にはどうすればいいの??

 

滅失登記については、「土地家屋調査士」という有資格者が専門家になります。

 

ハウスメーカーや工務店経由で紹介してもらうのもよいのですが、4〜5万円程掛かってしまいます(。-_-。)

 

しかし、自分で申請すれば5〜600円程度(+法務局までの交通費)で済んでしまうのです!!

 

なお、私の場合は登記簿謄本の取得も工務店の友人がやってくれたので、掛かったのは本当に交通費だけでした( ̄▽ ̄;)

 

書類としても名前書いて押印しただけの10秒程度。

 

毎度毎度、ありがとう。

 

 

 

 

それでは手順に移ります(・Д・)ノ

 

その前に、申請書類の中には解体を行ったハウスメーカーや工務店が作成する書類があります。

 

私達が壊しました!という証明書です。

 

まずは、そちらをハウスメーカーや工務店にもらって申請書を作成しましょう。

 

 

①登記簿謄本の閲覧

 

滅失登記の申請を行うには、解体した建物の登記内容を確認する必要があります。

 

www1.touki.or.jp

 

↑↑↑こちらからオンラインで登記簿謄本を確認することが出来ます。

 

ユーザー登録が必要なのですが、クレジットカード登録もあったりで少し手間です(^^;

 

それでも、法務局まで行くよりは楽かなと思います(^^)

 

登記簿謄本を郵送で請求することも出来るのですが、欲しいのは登記内容だけですので閲覧のみでよいです(^^)

 

他の理由で登記簿謄本を使用する場合は、閲覧のみじゃなく取得してくださいね!!

 

 

 

②建物滅失登記申請書の作成

 

確認した登記内容を滅失登記申請書に書いていきます。

 

houmukyoku.moj.go.jp

 

↑↑↑建物滅失登記申請書の書式はこちらからダウンロード出来ます。

(リンク先の下の方にある、「23)建物滅失登記申請書」になります。)

 

書き写すだけなので、記載例を見れば簡単に出来ますよ(^^)

 

 

 

③いざ、法務局へ

 

houmukyoku.moj.go.jp

 

法務局ってどこ!?っとなりますので、リンクを貼っておきます。

 

都道府県内でも住んでいる地域毎に管轄の法務局が異なります。

 

事前に確認しておきましょう(・ω・)ノ

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

私はかなり楽なルートで、法務局へも親の建物ですので親に行ってもらいました(^^;

 

かなり簡単ですので、節約のためにも自分でやってみることをオススメします(´ω`)

 

 

ではでは。