二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅を建てるため、親・嫁・姉弟の間を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

もらえるものは、いただきます!!地域型住宅グリーン化事業の補助金について。

f:id:kmkm-st:20200923163110p:plain

 

雨が降り続くおかげで、工事が進んでおりません。。。

 

そんな中、嬉しいニュースが入りましたので御報告です( ´∀`)

 

 

 

 

 

なんと、

 

地域型住宅グリーン化事業による補助金に当選しました!!!

 

総額にして、160万円です!

 

なんだそれ??

 

って方のために、簡単にまとめます。

 

ちなみに、私も「なんだそれ?」の一員でした。

 

 

 

1.地域型住宅グリーン化事業とは?

 

私も知らなかったのですが、「環境に優しい家を建てるなら、補助金出しまっせ!」と言う制度があるようです。

 

しかし、メリットだけではないのです。

 

補助金をいただくには、潜り抜けなければならない試練があります。

 

 

2.どうすれば補助金がもらえるの?

 

①施工業者の選定

最初の試練は施工業者です。

 

全国の地域ごとにグループが形成されるのですが、このグループに所属している施工業者であることが条件です。

 

そして、大手ハウスメーカーは所属することが出来ません!!

(地場メーカーは不明です。。。)

 

家を建てる際、ハウスメーカー以外を検討される場合は、「地域型住宅グリーン化事業に対応していますか?」と開口一番に聞いておきましょう!!

 

 

②構造種別の選定

次なる試練は、建物の構造が木造であることです。

 

これは、大半の方が木造かと思いますので大丈夫かと。

 

メインが木造であれば良いので、一部に鉄骨や鉄筋コンクリートが使用されていても問題ないです。

(念のため、設計者や工務店に確認してみてください( ̄▽ ̄;))

 

自然素材で環境に優しいという理由だと思います。

 

 

③環境に優しく

次の試練は、「環境に優しい」を証明することです。

 

口で言っても誰も信じてくれませんので、図面で示します!

 

具体的には、以下の審査に合格した建物です。

 

・長期優良住宅

・認定低炭素住宅

・性能向上計画認定住宅

・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)

・認定低炭素建築物等一定の良質な建築物(非住宅)

 

大体、長期優良住宅か、ゼロ・エネルギー住宅で申請するケースが多いでしょうか。

 

我が家は長期優良住宅でいきました!!

 

 

④補助金ガチャ(課金有り)

最後にして最難関であるのが、補助金ガチャです。

 

このルールは、工務店のグループ毎に取り決めがあって、それぞれ異なるようです。

 

私のところの場合はと言うと、

 

①〜③を満足すれば全員もらえるわけではありません。。。

 

なんと、補助金の当選枠はあらかじめ決まっているのです。

 

私の地域に3枠割り当てられたとして、申請する工務店が4件あれば、1件はハズレになります。。。

 

我が家の場合、長期優良住宅の仕様を満足するために断熱、気密性能を上げているため、ハズレてしまった場合は、ただの課金になってしまいます。

(いや、性能が上がるから良いことなんですけどね(^^;)

 

この最大の試練を乗り越えた末に、大きなものを得られるのです(*´ω`*)

 

 

 

  

 

いやぁ、本当に良かった。

 

外構をケチるべきか悩んでいましたが、これでもう少し家作りで遊べそうです(´ー`)

 

あとは雨をなんとかして、早く工事進んでくれー(^◇^;)

 

 

ではでは。