二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅の自宅を建てるため、親・嫁・姉弟を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

マネしないでね。。。夜のこっそり施主検査。

\( 'ω')/

 

もうすぐ8月に入り、今年も後半戦が始まっていきますね\\٩( 'ω' )و //

(7月はコロナと梅雨で何もせずに終わったような気がします。。。)

 

ここ数年、8〜10月って災害シーズンな気がしますが、コロナイヤーくらい災害は控えめにお願いしますm(_ _)m

  

 

今回は、前回の配筋検査に続いて、上棟前の抜き打ち現場チェックをしてきました( ̄∇ ̄)

 

www.kmkm-st.info

 

結果から言ってしまうと、結構キレイにやってくれちゃって、特に言うこともなかったです(^^;

 

それでは、写真と一緒に見ていきます〜。

 

  

f:id:kmkm-st:20200730133959j:plain

 

 

現場に行くと、土台組みの途中で作業が終わっていました。

 

柱のアンカーボルトの設置と基礎パッキンは完了かな?

 

玄関周りと風呂周りにはウレタン吹き付けとスタイロで断熱&気密がされている感じです。

 

 

f:id:kmkm-st:20200730134005j:plain

 

 

アンカーボルトって露出部分でこんな長く取るのね。

 

鉄骨のアンカーボルトは基礎の中では長いけど、露出部分は短いからなんか新鮮(´・ω・`)

 

 

f:id:kmkm-st:20200730134036j:plain



大引きの拡大です。

 

お金も無いし、節無し材なんて使えるわけないのでしょうがないですが、節はそこそこあります。

 

ほぼ全箇所見ましたが、節のせいで大きく断面が欠損している箇所はありませんでした(´ω`)

 

 

f:id:kmkm-st:20200730134057j:plain

 

 

こちらは土台の継手になります(*・ω・)ノ

 

腰掛け鎌継ぎっていう継手方法ですね。

 

右側の丸いアンカーとの間隔が120mm程度っていうのを撮り忘れました( ̄▽ ̄;)

 

 

f:id:kmkm-st:20200730133938j:plain

 

 

土台と基礎の隙間の黒いのが基礎パッキンです。

 

土台と基礎の間に隙間を作って、床下換気を行うためものですね。

 

正直あまり関心がないところだったので、おまかせの仕様です(^^;

 

 

f:id:kmkm-st:20200730134046j:plain

 

 

玄関部分の基礎断熱です。

 

こちらもあまり興味の対象ではないので、おまかせ仕様(^◇^;)

 

ウレタン吹いて、スチレン回して、気密テープで止めてあって、まぁなんかいい感じ!!

  

 

という感じです( ̄∇ ̄)

 

あったら嫌だな〜と思っていたのが、飲食物のゴミが散乱しているとか、資材が出しっぱなしとか、敷地の出入り口が土とか泥で汚れているとかですね。

 

そういうのは全くなかったのでよかったです(^^)

 

あとは、少し前に打ったコンクリートの初期ひび割れもなく、結構キレイな脱型状態でした( ^ω^ )

 

www.kmkm-st.info

 

この後は、床を張って、足場を組んで、上棟ですね!!

 

しばらく天気良さそうなので、屋根外壁までは晴れのまま行って欲しいです(*´Д`*)

 

 

 ではでは。