二世帯住宅を建てる一級建築士の奮闘

二世帯住宅を建てるため、親・嫁・姉弟の間を取り持つ一級建築士の奮闘録です。

断熱材を吹く前に!!こんな細かいところも見てみたよ。

どうも、こんにちは(*・ω・)ノ

 

未だに天気に恵まれて、毎日晴れで材料品質的にはよきよき(´・∀・`)

 

職人さん、今日もありがとうございます(^◇^;)

 

 

 

 

 

我が家の進捗はというと、まもなく断熱材の施工になります。

 

断熱材は、現場発泡ウレタン「アクアフォーム」の吹き付けになります。

 

断熱材を吹き付けてしまうと、もう後戻りは難しいです。

 

ですので、この辺りは頻繁に通って施工状況を確認しないといけませんね(^^)

 

見られる方はイヤでしょうけどww

 

 

押入 収納 高さ

 

こちらは工務店の友人と、押し入れ収納の高さの現地確認です。

 

奥さんは身長が低いため(140cmちょっと)、収納やキッチンの高さは通常より低目で現物を見て確認しました。

 

毎日使うところは、少しでも使い勝手が良くなるようにしっかり確認していきましょう!!

 

標準品が全て正しいわけではありませんよ(`・ω・´)

 

 

バルコニー 防水 FRP

 

続いて、バルコニーの防水です。

 

防水仕様はFRP防水で、まぁ一般的な防水ですね(^^;

 

シート防水は納まりが悪いと防水性能が激減するため、あまり好きではありません。。。

 

グレーの色は塗装の色ですが、見たいのはそこではなく室内側の木下地です。

 

木の色が若干変わっているのがわかると思いますが、室内側まで防水が塗られています。

 

念のためではありますが、サッシ枠から吹き上がってきた水に対して、木が水を弾けるようにしておかないといけません。

 

是非確認しておきましょう!!

 

 

金属 屋根 防水

 

おまけで、屋根に登ってみたり!!

 

バルコニーと同様に、防水チェック!

 

屋根はシート防水(ルーフィング)が一般的になります。

 

ここもしっかり、シート防水の緑の部分が上がっていることを確認します。

 

防水は大事です(*´Д`*)

 

 

屋根 通気 結露

 

次は屋根裏の通気の確認です。

 

屋根裏に通気層があることで、湿気が籠りにくく、熱の移動も生じるため温度上昇も抑制出来ます。

 

写真にある隙間が空気の入り口になります。

 

 

屋根 通気 湿気

 

空気の出口がこちらです。

 

これによって空気が屋根裏を回るイメージですね(^^)

 

 

屋根 ルーフスペーサー 通気 結露

 

そして、屋根裏はこんな感じです。

 

白いのが見えますが、「ルーフスペーサー」という製品になります。

 

これが屋根裏の通気を促進してくれます。

 

 

屋根 ルーフスペーサー 通気 カビ

 

近くで見るとこんな感じです。

 

軽くてフワフワしています。

 

工務店曰く、ダンボール製の別メーカーの物もあるそうですが、取り付け時に折れてしまったり、水に弱いためあまり好きじゃないとか(´・ω・`)

 

 

 

 

 

Low-E 複層ガラス 遮熱 断熱 アルゴン


おまけです。

 

真昼でも熱が入りにくいな〜というのを確認しているところですw

 

我が家の窓は、Low-E複層ガラスです。

 

このガラスは2枚のガラスで構成されているのですが、計画当初はガラスの間に乾燥空気を注入した物でした。

 

ありがたいことにグリーン化事業の補助金が出たため、乾燥空気からアルゴンガスにグレードアップ(´∀`)

 

この辺の地域ではオーバースペック気味ですが、よきよき(^^)

 

www.kmkm-st.info

 

 

と言ったところで、監理終了!!

 

次は断熱材を吹き付けているところを見に行きます(*´Д`*)

 

その辺りもまた載せていきます〜( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ではでは。